カウンセラー ブログ
続きは「タイトル」または「画像」をクリック

苦しみの原因は三つの思い込みから起こる。①永遠のはず。 ②満足はどこかにあるはず。 ③思い通りになるはず。現実は、そのようなものはどこにもないと頭では分かっている。でも納得できないのは・・・? 先週土曜日の講義の続きをお話ししよう。

「なりたい自分になるためには、今の自分を受け入れることから始めなさい。」上座部仏教の長老、バンテ・グナラタナの言葉。今日の講義で紹介した。自分を変えたいと思う人は、たいてい今の自分を否定するところから始めている。否定すれば真実が見えない。そこから自分を変えることができないのは、考えてみれば当然ではないだろうか。

「早起きは三文の得」と言うが、実際に朝のマイナスイオンたっぷりの空気を吸うと、お金では買えないものに触れた気になる。わたしは夜型で、若いころから朝がつらかったが、ACTのおかげで早起きができるようになった。昼夜逆転もこれで治せる。

人間が社会的動物である限り、本音と建前は常について回る。本音と建前のギャップが大きければ、それだけストレスも高くなる。これをどう取り扱っていくか。今日、行われたパストラルカウンセリング研究会でそのヒントが語られた。