苦しみの原因は3つしかない

2021年12月13日

苦しみの原因は三つの思い込みから起こる。①永遠のはず。 ②満足はどこかにあるはず。 ③思い通りになるはず。現実は、そのようなものはどこにもないと頭では分かっている。でも納得できないのは・・・? 先週土曜日の講義の続きをお話ししよう。

納得できないのは、わたしたちの思考(マインド)は物事を制止したものとしてしかとらえることができないからだ。だから脳が作り出すマインドは永遠なもの、満足できるもの、思い通りになるものがあるはずだと錯覚する。現実に反することを期待しているから苦しみが生まれる。現実は「万物は流転す。」

このことをマインドが納得するためには、ちょっとした訓練が必要だ。マインドフルネス瞑想である。これによって万物が「絶えず流れて行く動き」でしかないこと(「永遠でない」、「満足がない」、「思い通りにできる自己がない」)が見えてくる。それを心から納得できるようになると、心は穏やかになる。あるがままを観、あるがままを受け入れられるようになる。