生まれて初めてバレエを観た

2021年10月19日

今までバレエを観たいと思ったことは一度もない。それでも、自分のパターンを破って普段しないことをするのは大事だと知っていたので、行くことにした。驚いたことに、ある謎が解けた。人生、六十数年生きて来て、分からなかった謎が。

カウンセリング・ツールの一つ、瞑想ガイド「純粋な気づき」を3時間ほど前に行っていた。この瞑想は、脳内のいわゆる「超越的な自己」を司る緒領域を活性化させ、鬱などのパターン化した思考とは別の見方ができるようにしてくれる。瞑想後、わたしの中でふつふつと沸き上がるものがあり(それが何かは、その時は分からなかったのだが)、それがバレエとシンクロした。その舞台には言葉にならないものがあり、わたしの小さな頭では了解しきれないものに曝されながら過ごした後、「ああ、これが生きるということなのだ。」と合点がいったのである。